Topics

ポジティブオフ運動の取り組み-秩父旅行

弊社は観光庁が主管となっている政策の一つ、ポジティブ運動の賛同登録企業です。

この度、秩父の温泉旅館「和銅鉱泉旅館 ゆの宿 和どう」にて1泊2日の小旅行です。

「ポジティブ・オフ」運動とは、休暇を取得して外出や旅行などを楽しむことを積極的に促進し、
休暇(オフ)を前向き(ポジティブ)にとらえて楽しもう、という運動です。

ポジティブオフ運動

登録企業は目視できるようになってます。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/positive-off/approval.html#m4

温泉は普段足を延ばして入ることが出来ない私には、非常に幸福な時間です。

露天風呂に入るたびに露天風呂付きのおうちに住みたいと思うんです。
(手入れ大変でしょうけど、それはさておき)

ストックしていたお仕事を一つ終わらせ、夕食の時間へ。

旅館館内でのお食事は地の食材を中心でとても美味しくいただきました。

「足りなかったらどうしようか」

実はこんな事も考えて近隣の食事処を探しましたが、徒歩圏内で行けるようなお店もありませんでした。

しかし、出てくるお料理の品数が多く、大食漢である私でも十分な量でした。

夕食後は早寝早起きし、明朝の日本vsベルギー戦を見て、そのまま朝食の時間へ。

朝食も元気に白飯を3杯お代わりし、野生卵でのTKGを至福でしたよ~。

朝食後は三峰神社へ。

三峯神社

宿泊施設から何と約40km。実際に車で1時間30分掛かりました。

同じ秩父市内ですよ?

おそらく、気軽にいけるところの限界だと思います。

それくらいに山奥に位置する神社であり、しかも立派な装飾と建造美ですから、とても神秘的な印象を抱きました。

本殿にある2本の神木に祈りを込めて、帰路につきました。

ポジティブオフばかりしているとポジティブを通り越してしまいますが、普段仕事に追われている時間と同じ時間を過ごしているはずなのに、普段違う事を経験する事は非常に刺激になるだけでなく、心を豊かにしてくれるのではないかと感じています。

弊社では、これからもポジティブオフの指針で運営していきます。

篠宮大地
serv.債務整理ナビ.link

関連記事

ページ上部へ戻る